婚約の意味と形
婚約指輪
顔合わせ
婚約中のマナー

結納の意味
仲人を決める
結納金と結納返し
費用とご祝儀
現代的な結納

結婚式への準備
式場選び
日取り
予算と見積り
ウェディングケーキ
引出物の選び方
招待状の発注

花嫁の装い(洋)
花嫁の装い(和)
衣装選びとお色直し
花婿の装い
媒酌人・両親の装い

主なブーケの種類と選び方

きれいに見えるヘアメイク
ブライダルエステ
挙式までのお手入れ

婚約指輪の選び方
婚約指輪の種類とデザイン

挙式当日の心得
挙式の流れ(神前式)
挙式の流れ(教会式)
挙式の流れ(人前式)

披露宴の意味
披露宴での席次
披露宴の流れ

二次会会場の手配

新婚旅行のプランの立て方

新生活の準備
新居選び
婚姻届と各種届け出の準備
結婚後のお付き合い



  各地域の結婚式場のホームページをご覧いただくことができます。
東京−式場 東京−ホテル 名古屋エリア 関西エリア リゾートウェディング

       
 
     
結納式の責用は、両家で折半するのが一般的です
 
 
 結納式にかかる主な費用は、会場によって違います。ホテルやレストランで行なうときは、室料、花代、飲食代、サービス料、税金などの合計額になります。仲人を立てる場合は、仲人の飲食代や車代も含まれます。両家で折半するか、人数割りが一般的です。地方によっては女性側が全額負担の習慣もあります。支払いのときにもめないよう、あらかじめ確認しておきましょう。仲居さんなどへの心づけなども決まりではありませんが、あとでもめないように、渡す場合はあらかじめ両家で打ち合わせをしておきましょう。ホテルなどではサービス料があるので心づけを省く場合も多いようです。
 両家を往復する場合、祝い膳を出さない側 は酒肴料を仲人に包みます。女性宅に集まって行なう場合は、人数分の費用を見積り、酒肴料として女性側に渡します。この場合も、 地域によってはいらない場合もあります。。
 
 
仲人へのお礼はご祝儀と車代を
 
 
 仲人に対してはご祝儀として、およそ一日の日当分を包みます。表書きは「御祝儀」 「寿」にし、両家の連名にします。それとは別 に車代として実費の2倍くらいを渡します。 遠方から来てもらう場合はあらかじめチケットを手配して、渡しておくとよいでしょう。 これらも地域によってしきたりがありますから、事前に確認して両家で決めておきます。
 結納後一両日中に、本人と両親がそろって両家で伺うのが基本ですが、両家の代表者だけでもかまいません。手土産代も含めて、費用は両家で折半します。別々に包む場合は、 必ず同額になるよう話し合っておきます。
 仲人が挙式の媒酌人も兼ねてお願いする場合は、挙式後にあらためてお礼に伺います。
 
 
仲人とは3年間 おつきあいするのが礼儀です
 
     仲人とのおつきあいは、結婚後3年間はお中元とお歳暮を贈るのが礼儀といわれています。これも目安であって、結納式だけでなく、 いろいろお世話になっていれば、その後も続けたほうがよいでしょう。また、日頃のおつきあいがない場合、義理ばかりではかえって失礼なこともあります。まずは、結納後のお礼やあいさつをしておくことが大切です。  
TOPHOME
 
サイトマップ
Copy(C)2001 TOKAIKIKAKU Co,.ltd. AllRights Reserved.