婚約の意味と形
婚約指輪
顔合わせ
婚約中のマナー

結納の意味
仲人を決める
結納金と結納返し
費用とご祝儀
現代的な結納

結婚式への準備
式場選び
日取り
予算と見積り
ウェディングケーキ
引出物の選び方
招待状の発注

花嫁の装い(洋)
花嫁の装い(和)
衣装選びとお色直し
花婿の装い
媒酌人・両親の装い

主なブーケの種類と選び方

きれいに見えるヘアメイク
ブライダルエステ
挙式までのお手入れ

婚約指輪の選び方
婚約指輪の種類とデザイン

挙式当日の心得
挙式の流れ(神前式)
挙式の流れ(教会式)
挙式の流れ(人前式)

披露宴の意味
披露宴での席次
披露宴の流れ

二次会会場の手配

新婚旅行のプランの立て方

新生活の準備
新居選び
婚姻届と各種届け出の準備
結婚後のお付き合い



  各地域の結婚式場のホームページをご覧いただくことができます。
東京−式場 東京−ホテル 名古屋エリア 関西エリア リゾートウェディング

       
 
  ブライダル ジュエリー店のご紹介  
ダイヤモンドの”4つのC”
 
 

一般にダイヤモンドは、4つの「C」(Cut,Color,Clarity,Carat)の組み合わせで評価されます。あなたがが一番重要視されるポイントでダイヤモンドを選ぶとよいでしょう。

CARAT(カラット)
カラットは、宝石の重さを表す単位です。1カラットは0.2グラムと決められています。カラット数が大きくなるほど重量が増し、価格も高額になります。

CLARITY(クラリティ)
ダイヤモンドの透明度のことです。光の通過を妨げる内包物や傷の有無で評価されます。ほとんどのダイヤモンドは、わずかな不純物を含んでいたり、傷がついていたりします。ただし、不純物や傷は天然のダイヤであることの証でもあります。

COLOR(カラー)
ダイヤモンドの色のことです。ダイヤモンドは無色透明が高級とされ、無色から黄色まで23段階のグレードに分けられています。ただし、透明感のあるピンクやブルー、イエローの「ファンシーカラー」と呼ばれるダイヤモンドは希少価値が高く、別に評価されます。

CUT(カット)
カットは、その名の通りダイヤモンドのカット(形状)のことです。ダイヤモンドの美しい輝きは光の反射や屈折から生まれます。ダイヤモンドの輝きを一番引き立てるといわれる「ラウンドブリリアントカット」が最も代表的です。

 
 
婚約指輪の種類とデザイン
 
 

 近頃は婚約指輪も多彩で、オーソドックスなものから、個性的なものまでデザインも豊富になってきています。また、その家に代々伝わるものや母親から譲りうけることもあります。

ゴージャスタイプ
センターストーンのダイヤモンドのほかに、メレダイヤと呼ばれるアームに小さなダイヤモンドを埋め込んだ 立て爪タイプ ダイヤモンドを爪で支えるタイプの指輪。オーソドックスなデザインが特徴です。爪の本数やアームの形で違ったイメージになります。

シンプルタイプ
爪の無いタイプや、伏せ込みタイプなどシンプルなデザインが人気です。 真珠のセット 真珠の指輪を婚約指輪にしてタイプのものです。冠婚葬祭で役にたつので、イヤリングとネックレスをセットにしておくる場合も あります。

マリッジリングとセット
結婚指輪(マリッジリング)と重ねてつけた時に映えるようにデザインされたもの。男性用もマリッジリングのペアセットも人気。 ファッションリング デザインを重視したファッションリングは石もダイヤも豊富

 

TOPHOME
 
サイトマップ
Copy(C)2001 TOKAIKIKAKU Co,.ltd. AllRights Reserved.