ブライダル情報&応援サイト“Happy Wedding”では、無料で全国の結婚式場をご案内!結婚に役立つ情報をご提供します。 サイトマップ
ブライダル情報&応援サイト“Happy Wedding” ブライダル情報&応援サイト“Happy Wedding” ブライダル情報&応援サイト“Happy Wedding” ブライダル情報&応援サイト“Happy Wedding”
東京−式場 東京−ホテル 名古屋エリア 関西エリア
東京レストラン・ハウスウエディング
複数の結婚式場への資料請求が一括でできます。送料は全て無料!
リゾート ウェディング ブライダル衣装 ブライダルギフト ブライダルジュエリー
結婚式場 式場資料請求 恋文募集 男と女の掲示板
結婚アンケート 結婚知恵袋 占い&運命の人 ホームページ倶楽部

      結婚知恵袋 その日を迎えるあなたの為に知っておきたいブライダル情報



婚約の意味と形
婚約指輪
婚約と顔合わせ
婚約中のマナー

結納の意味
仲人を決める
結納金と結納返し
結納費用とご祝儀
現代的な結納

結婚式への準備
式場選び
日取り
予算と見積り
ウェディングケーキ
引出物の選び方
招待状の発注

花嫁の装い(洋)
花嫁の装い(和)
衣装選びとお色直し
花婿の装い
媒酌人・両親の装い

主なブーケの種類と選び方

きれいに見えるヘアメイク
ブライダルエステ
挙式までのお手入れ

婚約指輪の選び方
婚約指輪の種類とデザイン

挙式当日の心得
挙式の流れ(神前式)
挙式の流れ(教会式)
挙式の流れ(人前式)

結婚披露宴の意味
結婚披露宴での席次
結婚披露宴の流れ

二次会会場の手配

新婚旅行のプランの立て方

新生活の準備
新居選び
婚姻届と各種届け出の準備
結婚後のお付き合い


 新生活
新生活の準備新居選び婚姻届と各種届け出の準備>結婚後のお付き合い
       
新居選び  
     
新居を購入するか賃貸かの選択は ふたりのライフスタイルの第一歩
 
 

 本来は、ゆとりをもって挙式の3〜2ヵ月前には決定したいもの。ただし、賃貸住宅の場合は家賃が派生しますから、予算を考慮し て1ヵ月前に決定する人がほとんどです。毎月の新生活の状態から、無理のない予算を算出し、候補場所を考えます。特に、通勤に便利な場所または最寄り駅は、重要なポイントとなります。共働きの場合は、結婚後の家事の負担を考えると、妻の通勤に便利なほうを選ぶ傾向にあります。また、各区市町村では新世帯のための住宅相談もしていますから、連絡をとってみるのも方法のひとつです。
 予算と場所の候補が決まったら、お互いの 条件をリストアップ。どうしてもゆずれない 条件、できればあったほうがよい条件なビラ ンクづけしておくと、物件を選ぶのも楽になります。
 まずは住宅情報誌で、沿線の家賃の相場や 間取りをよく見ることです。情報を集めていくうちに、ふたりの新居へのイメージもかたまってくることでしょう。大手不動産ではインターネットやファックスでも調べることは可能ですが、候補地区の不動産をこまめに訪ねるほうが、周辺の環境などをチェックするためにも早道といえるでしょう。時間帯も昼 間と夕方など変えて、実際に周辺を歩いてチ ェックすることも忘れずにしたいものです。
 ふたりがほぼ満足できる物件が見つかったら、手付金を払い仮押さえをし、決定となった場合に正式契約となります。地方によって異なりますが、一般的には礼金、敷金、手数料、前家賃が必要となります。ほかに、火災保険料が必要となる場合もあります。契約にあたって、保証人を必要とする場合は職に携わる身内にお願いするのが、不動産側としては望ましいようです。

 
 
両親と同居する場合は、無理がないように早くから話し合いを
 
 

 玄関やキッチン、トイレ、風呂などが完全に独立した二世帯住宅の場合は、ふたりのライフスタイルを話し合うことはもちろんです が、両親との生活時間帯の相違や共有スペースなども事前に話し合っておくことが大切です。また、同居に際して増改築する場合は、 共有スペースの話し合いをしましょう。特に 共有スペースの多い同居の場合は、家具など の購入などにしてもそれぞれの生活習慣の違いがあることを十分に理解したうえで、早くからの話し合いが大切になります。
 女性側の両親にしても男性側の両親と同居をするにしても、新しく夫婦となるふたりだけの生活にプラスとなるよう、お互いが無理 のないよう円満に解決して新生活をスタートしたいものです。

 
 
新居を購入する場合は、購入資金やローン返済予算、名義を明確に
 
   

 場所の候補地選びなどは賃貸の場合と同様ですが、特に購入の際はゆとりをもって早めに決めておきたいものです。
 ●入居費用の妻側、夫側の分担金 ●ローン返済予算のスケジュール ●名義の決定
 以上の3つのポイントは、明確にしておくべきでしょう。ローンの返済予算は、ふたりの結婚後の経済状態をよく話し合い、無理のないスケジュールを立てます。また名義については、税金のことを考慮して決定しましょう。ひとりの名義にすると、もうひとりの出した分は贈与税として取られる可能性がありますから、ふたり共有名義にする場合が多いようです。

 

サイトマップ