ブライダル情報&応援サイト“Happy Wedding”では、無料で全国の結婚式場をご案内!結婚に役立つ情報をご提供します。 サイトマップ
ブライダル情報&応援サイト“Happy Wedding” ブライダル情報&応援サイト“Happy Wedding” ブライダル情報&応援サイト“Happy Wedding” ブライダル情報&応援サイト“Happy Wedding”
東京−式場 東京−ホテル 名古屋エリア 関西エリア
東京レストラン・ハウスウエディング
複数の結婚式場への資料請求が一括でできます。送料は全て無料!
リゾート ウェディング ブライダル衣装 ブライダルギフト ブライダルジュエリー
結婚式場 式場資料請求 恋文募集 男と女の掲示板
結婚アンケート 結婚知恵袋 占い&運命の人 ホームページ倶楽部

      結婚知恵袋 その日を迎えるあなたの為に知っておきたいブライダル情報



婚約の意味と形
婚約指輪
婚約と顔合わせ
婚約中のマナー

結納の意味
仲人を決める
結納金と結納返し
結納費用とご祝儀
現代的な結納

結婚式への準備
式場選び
日取り
予算と見積り
ウェディングケーキ
引出物の選び方
招待状の発注

花嫁の装い(洋)
花嫁の装い(和)
衣装選びとお色直し
花婿の装い
媒酌人・両親の装い

主なブーケの種類と選び方

きれいに見えるヘアメイク
ブライダルエステ
挙式までのお手入れ

婚約指輪の選び方
婚約指輪の種類とデザイン

挙式当日の心得
挙式の流れ(神前式)
挙式の流れ(教会式)
挙式の流れ(人前式)

結婚披露宴の意味
結婚披露宴での席次
結婚披露宴の流れ

二次会会場の手配

新婚旅行のプランの立て方

新生活の準備
新居選び
婚姻届と各種届け出の準備
結婚後のお付き合い


 婚約
婚約の意味と形婚約指輪婚約と顔合わせ婚約中のマナー
       
婚約中のマナー  
     
周囲のことも考えて節度ある交際を
 
 
 婚約期間中は恋人以上、夫婦未満の微妙な時期です。この時期はふたりにとって一番幸せなときですが、節度ある交際を心がけ、ふたりだけで過ごさずに、周囲とよい関係を築いていくことが大切です。
 結婚式や新生活の準備などの打ち合わせでいえを訪問し合うことも増えますから、相手の両親や兄弟姉妹とも交流してお互いに理解を深めましょう。相手の家族が遠方に住んでいる場合は、時々電話をしたり、手紙を書いて近況を報告します。
 また、自分の家族とも過ごす時間を大切にし、親の気持ちを考えて行動しましょう。
 
 
相手の両親は「おじさま、おばさま」と呼ぶのが無難
 
 
 女性が相手宅を訪問した時、食事の手伝いなどは、決して出すぎたりせず、「お願いします」と言われるまではなるべく控えます。訪問を重ねて親しくなったら、それとなく申し出たり、一緒に料理を作る機会を持つのもよいでしょう。
 相手の両親の呼び方は、『おじさま、おばさま」、または「○○さんのお父さん、お母さん」とするのが無難です。「お父さん、お母さん」と呼ぶのは、親しくなって、先方から、「そう呼んでもいいですよ」などといわれてからにします。
 相手に対しても、家族の前では「○○さん」と名前に"さん"をつけたほうがよいでしょう。 これらは一概にはいえませんが、少し控えめにふるまうことがポイントです。
 
 
職場結婚は公私混同がないように心がけましょう
 
     結婚が決まったら、会社の上司や先輩、同僚などには、早めに自分のロから知らせましょう。いずれ結婚休暇を取ったり、諸手続きでお世話になりますから、失礼や迷惑になら ないように配慮が必要です。
  また、ふたりが同じ職場の場合は、節度と礼儀が大事です。ふたりの関係がオープンになって、気持ちは楽になりますが、公私混同 をせず、周りに不愉快な思いをさせたり、仕事の迷惑にならないよう、けじめのある態度を心がけましょう。
 
 
婚約解消 〜手順とマナー〜  
   

 婚約中はトラブルを起こしやすい時期です。結婚式や新生活の準備では意見の食い違いから、けんかになることも珍しくありません。 そんなときは冷静になって、ふたりでよく話 し合って解決することが大切です。
 万が一、このままでは結楯でさないと判断 したり、婚約のときと状況や気持ちが大きく変わってしまったときには、結婚を延期したり、婚約を解消することも考えられます。
 いずれにしても、婚約を公にしたあとです から、仲人など、第3者にも相談して、冷静 に対処しましょう。
 婚約が解消になったら、贈り合った金品は返すのが原則です。結納金や結納品、親族書 などは仲人を介して返します。指輪などは現 物を返されても困るので、その代金を返す方法もあります。ただし、一方的に婚約解消を申出たほうや、原因を作ったほうが責任を負 う形で、贈った結納金をそのまま慰謝料とする場合もあります。式場や旅行のキャンセル代も、折半にする場合と原因を作ったほうが負担する場合があります。このように原因によって違いますから、仲人ともよく相談して、 両家が納得できる形を考えます。
  どちらかが一方的に解消を申出て、もう一 方が不本意なときには、慰謝料を請求するともできます。また、正当な理由もなく一方 的に解消された場合は、婚約不履行で訴える こともできます。逆に、相手が納得せず、話 がこじれてしまったときには、第3者を立て て話し合ったり、家庭裁判所に申立てをして調停になります。このとき、結納品や誓約書、 婚約披露パーティーの招待状、婚約通知などが婚約の証拠品となります。また賠償請求は 婚約にかかった費用や、結槍のために会社を 退職した場合など、不利益になったことに対 して支払われます。ただし、お互いに将来がありますから、できるだけ円満に解決できるよう努めましょう。 周囲には通知で知らせお祝いは返します。
  婚約の解消が決定したら、周囲へも報告します。婚約通知や結婚式の招待状を出してい る場合は、婚約解消の通知で知らせます。その際、理由にはふれなくてもよく、「このたび、やむを得ない理由により、婚約を解消しました」などと知らせ、おわびの言葉を添えます。差し出し人は連名にしますが、感情的に抵抗があれば、個人名でもかまいません。 いただいたお祝いのお金や品物は、事情を説明して返します。品物は返されても迷惑なので、同額程度の商品券にするとよいでしょう。 「お返しします」では失礼ですから、「お納 め下さい」といった表現にします。  婚約を解消するときにも仲人にはいろいろとお世話になりますから、本人と両親でおわびとお礼に伺い、仲人の謝礼相当の金額のお礼をします。

 

サイトマップ