ブライダル情報&応援サイト“Happy Wedding”では、無料で全国の結婚式場をご案内!結婚に役立つ情報をご提供します。 サイトマップ
ブライダル情報&応援サイト“Happy Wedding” ブライダル情報&応援サイト“Happy Wedding” ブライダル情報&応援サイト“Happy Wedding” ブライダル情報&応援サイト“Happy Wedding”
東京−式場 東京−ホテル 名古屋エリア 関西エリア
東京レストラン・ハウスウエディング
複数の結婚式場への資料請求が一括でできます。送料は全て無料!
リゾート ウェディング ブライダル衣装 ブライダルギフト ブライダルジュエリー
結婚式場 式場資料請求 恋文募集 男と女の掲示板
結婚アンケート 結婚知恵袋 占い&運命の人 ホームページ倶楽部

      結婚知恵袋 その日を迎えるあなたの為に知っておきたいブライダル情報

 婚約
婚約の意味と形婚約指輪婚約と顔合わせ婚約中のマナー
       
婚約と顔合わせ  
     
顔合わせ食事会
 
 
 結納やパーティなどを行わない場合に多いのが食事会で、都市部を中心に増えている婚約のスタイルです。主に本人たちと両家の家族が集まって食事をし、二人の婚約を正式に認め、祝います。また両家の家族が正式に顔を合わせ、自己紹介をして親睦を深めることを目的としています。
 司会や改まった挨拶などの必要はありませんが、やはり、婚約する二人が決意を表明しあり、互いに家族を紹介しあうなど、両家を代表しての簡単な挨拶などがあると良いでしょう。
 また、婚約指輪など記念品を贈ったり交換する場合は、それをメインにするとセレモニーらしさがでます。スナップ写真をとっておくのも記念になります。後はみんながリラックスして楽しめるように、気配りをして心に残る食事会にしましょう。
 
 
今後の打ち合わせも兼ねて
 
 

 これから挙式や披露宴を控え、また新生活をはじめるにあたって、両家で相談して決めたり、協力して行うこともいろいろとありますから、それらの打ち合わせも兼ねる場合もあります。
特に海外ウェディングの場合、空港ロビーなど出始めて両家が顔を合わせるというのでは、何かとトラブルの元になります。事前に少しでもお互いの人柄や考え方などを理解しておくことが成功の鍵です。とはいっても食事の席ですから、あまり込み入った打ち合わせは慎みます。
  お互いの家族を紹介しながら、結婚や式に対する気持ちなどをそれとなく伝えて理解しあう機会にするとよいでしょう。

  食事会の日取りは両家の都合に合わせて決めます。全員がそろえる日なら平日の夜でも構いません。大切なことは自分たちの都合や好みだけで決めず、両家の両親の都合や気持ちを考えてプランを立てることです。
店選びにしても、雰囲気なども大事ですが、それぞれがリラックスして心から楽しめるようにしたいものです。見せはわかりにくい場所を避け、初めてでも迷わずいけるところがよいでしょう。また、落ち着いて会食できる見せを選び、個室があれば予約します。しかし、両家の家族がフランス料理の格式の高い店に慣れていない場合は、肩の凝らない店を選ぶ気配りも大事です。
  ホテルや専門式場には「顔合わせプラン」等の名前で個室やレストランを利用した婚約食事会用のパックもあります。また、パックでなくてもホテル内のレストランはわかりやすい場所にあり、落ち着いた雰囲気なので人気です。挙式を予定しているホテルで下見を兼ねて行うケースも多いようです。
  レストラン・ウェディングを計画している場合は、そのレストランの下見を兼ねて食事会をする方法もあります。まだレストラン・ウェディングのイメージがつかめない両親に、実際に会場を見てもらうことで、式に対する自分たちの考えを具体的に伝えることが出来ます。特に母親たちは、どんな服装がふさわしいかなど具体的なイメージがつかめることで安心し、いろいろ相談にものってくれることでしょう。その店で食事会をしなくても、レストラン・ウェディングの下見はしておくとよいでしょう。

 
 
服装は平服で。
 
   

食事会は特にしきたりや慣習によって行うものではないので、決まりごとはありません。服装も平服でよいでしょう。ただし、店の雰囲気に合わせ、あまりカジュアルになり過ぎない上品な服を選びます。平日に行う場合はビジネススーツでも構いません。
食事会は堅苦しいものではありませんが、婚約を祝い、みんなに認めてもらおうという趣旨の会であることをよく頭に入れておきましょう。店選びも、会話も自分たちの趣味に走らないように注意し、身内ばかりだからといって、はめをはずさないよう、お酒が入ったときの振る舞いなど、場をわきまえた大人として節度のある行動を心がけてください。

  食事会の費用は料理や飲み物の値段によって違いますから、自分たちの予算に応じて店や料理を選びましょう。 費用の負担の仕方や支払方法に、特にルールはありません。ただその場でもめたり、あとでトラブルの原因にならないよう、あらかじめ二人の間で決めておき、両親の了解を得ておくことが大切です。
  食事会を結納の簡単な形ととらえている場合には、地域などによっても考え方が大きく違いますから、両親とよく話し合っておきます。どちらかが負担したり、折半にしたり、人数割りにしたり、遠方から来る場合は招く側が負担したり、兄弟などが参加する時は人数が多くなる側が払うなど、ケースバイケースです。いずれの場合も、誰が支払うのかを店にも伝えておき、スマートに会計できるようにします。
  また仲居さんへの心づけなども、あらかじめ相談して、お互いに不愉快な思いをすることがないようにしましょう。 いずれにしろ、これから長いお付き合いになるので、相手の気持ちを考えた気配りが大切です。

 

サイトマップ