ブライダル情報&応援サイト“Happy Wedding”では、無料で全国の結婚式場をご案内!結婚に役立つ情報をご提供します。サイトマップ
ブライダル情報&応援サイト“Happy Wedding”ブライダル情報&応援サイト“Happy Wedding”ブライダル情報&応援サイト“Happy Wedding”ブライダル情報&応援サイト“Happy Wedding”
東京−式場東京−ホテル名古屋エリア関西エリア
東京レストラン・ハウスウエディング
複数の結婚式場への資料請求が一括でできます。送料は全て無料!
リゾート ウェディングブライダル衣装ブライダルギフトブライダルジュエリー
結婚式場式場資料請求恋文募集男と女の掲示板
結婚アンケート結婚知恵袋占い&運命の人ホームページ倶楽部

      結婚知恵袋 その日を迎えるあなたの為に知っておきたいブライダル情報

 挙式準備
結婚式への準備結婚式場選び日取り予算と見積り>ウェディングケーキ>引出物の選び方>招待状の発注
    
予算と見積もり 
   
およその招待者数とひとりあたりの金額を決めます
 
 

 挙式・披露宴にかかる費用の内訳の中で、大きな割合を占めるのが、披露宴の料理と飲み物です。ひとりあたりの予算、そしてお客様を何人招待するかで予算が大きく変わってきます。予算を組むには、まずお客様のおよその人数を決めておきます。同時に、宴会場の広さを決めるポイントにもなります。
 挙式費用のほうは、埜別式やキリスト教式など、どのスタイルを選ぶかによって、予算が決まってきます。

 
 
お得なウエディングプランを利用します
 
 

 料理と飲み物のひとりあたりの金額は、ホテルの場合は2万5000円ぐらい、専門式場で1万8000円ぐらいが目安です。飲食費を豪華にするか、堅実にするか、それぞれの考え方によって予算が違ってきます。
 多くのホテルや専門式場では、挙式と料理や飲み物などがセットになった割安な、ウエディングパックが用意されています。
 セットプランは、ある程度内容が決められたものですが、「料理を豪華にする分、お色直しの回数を減らしたい」など、希望に合わせて変更が可能なものもありますから、どの程度アレンジが可能か確認したうえで、プランをうまく利用するのもよいでしょう。

 
 
式場側から見積書を出してもらい検討します
 
  

最近は、土曜日を希望する人が増えています。週休2日制が普及し、土曜日に結婚式に参列してもらい、日曜日にはゆっくり休めるようにという配慮からでしょう。オンシーズンや吉日をはずせば、比較的予約も取りやすいかもしれません。また、参列者のほとんどが近距離の場合は、金曜日や祝日の前日の夜に行えば、翌日は休むことができるので、それも一つの策です。参列者の中には自営業も人が多い場合は、できるだけ負担の少ない季節、曜日をかんがえましょう。

 
 
オフシーズン、平日、仏滅ならではの特典 
   招待客の人数、ひとりあたりの飲食費の目安、演出や衣装などの希望を決めたら、会場の担当者に見積りをしてもらいます。オリジ ナル・ウエディングを希望している場合も、 同様に会場やプロデュース会社に見積りを出してもらい、これをもとにどの金額を増やし、どこを減らすか検討していきます。 
 
見積書に含まれない金額に注意し ゆとりのある予算を組みます 
   見積書には、料理、衣装など各項目について金額が示されていますが、その内容は最低ランクの料金で計算してある場合もあります。 いざ打ち合わせをしたら、「衣装はワンラン ク上のものを」など希望が出てきてしまい、 別料金がかかることにも。あれもこれもと全 部にお金をかけていたら、予算はオーバーしてしまいます。こだわるところを決め、金額にメリハリをつけることも必要です。
 また、お得に見えるパックプランも、細かい料金が含まれていないことがあります。
 見積書の内容を、項目別にしっかりチェックし、他にどんな費用がかかるか、不明な点は担当者に気軽に聞くようにしましょう。そして、ある程度ゆとりのある予算を組んでおくことが大切です。
 

サイトマップ