婚約の意味と形
婚約指輪
顔合わせ
婚約中のマナー

結納の意味
仲人を決める
結納金と結納返し
費用とご祝儀
現代的な結納

結婚式への準備
式場選び
日取り
予算と見積り
ウェディングケーキ
引出物の選び方
招待状の発注

花嫁の装い(洋)
花嫁の装い(和)
衣装選びとお色直し
花婿の装い
媒酌人・両親の装い

主なブーケの種類と選び方

きれいに見えるヘアメイク
ブライダルエステ
挙式までのお手入れ

婚約指輪の選び方
婚約指輪の種類とデザイン

挙式当日の心得
挙式の流れ(神前式)
挙式の流れ(教会式)
挙式の流れ(人前式)

披露宴の意味
披露宴での席次
披露宴の流れ

二次会会場の手配

新婚旅行のプランの立て方

新生活の準備
新居選び
婚姻届と各種届け出の準備
結婚後のお付き合い



  各地域の結婚式場のホームページをご覧いただくことができます。
東京−式場 東京−ホテル 名古屋エリア 関西エリア リゾートウェディング

       
 
     
式の会場、日取りが決まったら 招待客のリストアップを
 
 

 予算によって招待客の人数が変わってきますから、まず、おおよその人数を決め、挙式、披露宴の日時と会場を予約します。最近の披露宴出席者の数は、平均80人前後。
 それが決まったら、招待客のリスト作りを開始します。その際、@職場の上司、恩師、 お世話になった人などの主賓クラス、A同僚、 知人、友人、B親戚にグループ分けし、それぞれ必ず招待したい人、人数に余裕があれば招待する人に分けてピックアップします。

 
 
両家のバランスを考えて 調整します
 
 

 双方のリストを照らし合わせ調整します。その際、両家の招待客の雰囲気が合うように。 ふたりだけで決めず両親にも相談しましょう。
 人数は、できれば両家同数が望ましいのですが、無理な場合は、せめて6対4程度のバ ランスで。ふたりの郷里が離れていて、一方の郷里で挙式するような場合は、もう一方の招待客がかなり少なくなる場合もあります。 いずれにしても、両家でよく話し合い、納得のいくリストになるようにしましょう。
 披露宴の費用は、自分の側の招待客の人数の割合に合わせて、分担することになります。

 
 
遅くとも1月前までには 招待状を発送します
 
   

 招待客が決まったら、招待状を作成、発送する作業に取りかかります。
 最近は、ワープロなどでオリジナルの招待状を作る人もいますが、招待状は式の格式も表わしているので、あまりカジュアルな内容 は避けたいもの。大人数でホテルや専門式場で行なう披露宴なら上質な用紙を用い、形式を重んじた正式な招待状にしましょう。
 印刷にかかる時間、宛名を書く時間を見越して、招待状の発注は式の3カ月前までに。 発送は、出席者の人数を確認する都合上、式の2ヵ月前、遅くとも1カ月半前までにします。

 
 
差出人を誰にするか 両親と相談して決めます  
     差出人は、両家の親の名前、本人の名前、どちらでもかまいません。披露宴の費用を親が負担する場合や招待客が親戚中心なら父親の名前、自分たちが費用を負担する場合や友人中心なら本人にするといいでしょう。出費の割合により、父親と連名にする場合もあり ます。両親と相談のうえで決めてください。
 会費制の披露宴は、友人が発起人になりお祝いしてくれるわけですから、差出人は発起人・幹事の名前になります。
 
 
発送する際のマナーにも気をつけて  
     招待状ができあがったら、発送の前に媒酌人に目を通していただくのがマナーです。
 また、招待客には、いきなり招待状を送りつけるのではなく、あらかじめ結婚が決まったこと、披露宴に来てほしいことを、電話や 手紙で知らせておきましょう。媒酌人や主賓には、郵送ではなく、直接伺って手渡します。
 
TOPHOME
 
サイトマップ
Copy(C)2001 TOKAIKIKAKU Co,.ltd. AllRights Reserved.