婚約の意味と形
婚約指輪
顔合わせ
婚約中のマナー

結納の意味
仲人を決める
結納金と結納返し
費用とご祝儀
現代的な結納

結婚式への準備
式場選び
日取り
予算と見積り
ウェディングケーキ
引出物の選び方
招待状の発注

花嫁の装い(洋)
花嫁の装い(和)
衣装選びとお色直し
花婿の装い
媒酌人・両親の装い

主なブーケの種類と選び方

きれいに見えるヘアメイク
ブライダルエステ
挙式までのお手入れ

婚約指輪の選び方
婚約指輪の種類とデザイン

挙式当日の心得
挙式の流れ(神前式)
挙式の流れ(教会式)
挙式の流れ(人前式)

披露宴の意味
披露宴での席次
披露宴の流れ

二次会会場の手配

新婚旅行のプランの立て方

新生活の準備
新居選び
婚姻届と各種届け出の準備
結婚後のお付き合い



  各地域の結婚式場のホームページをご覧いただくことができます。
東京−式場 東京−ホテル 名古屋エリア 関西エリア リゾートウェディング

       
 
     
格式高い白無垢は人気があります。
 
 

 和装の婚礼衣装で、最も人気格式の高い礼装とされているのが、打掛、掛下、帯から扇子にいたるまで、すべて白色で統一した白無垢です。花嫁にふさわしい清楚で厳かな雰囲気を醸し出します。白色は花嫁の清純無垢な清らかさを表し、「これからどんな色にも染まる」という意味があるとも言われています。これに対して白以外の打掛のことを色打掛と呼びます。金や銀、朱など、華やかな色を使った豪華な打掛は晴れの席にふさわしい装いです。
  色打掛は披露宴で着るという印象がありますが、正式な式服として使用できます。また、打掛のように裾を引いた黒地の振袖も、正式な装束となります。現在は和装といえば白無垢や色打掛というイメージがありますが、昭和30年代頃までは、黒の引き振袖が最も一般的な花嫁衣装でした。

 
 
角隠しか綿帽子かは好みで選べます。。
 
 

花嫁は、挙式のときには、角隠しか綿帽子をかぶります。白色が、花嫁の清純な印象を一層高める「綿帽子」は、花婿以外の人に顔を見られないようにかぶったといわれています。すっきりと端正な印象を与える「角隠し」は、角を隠して素直に従うという意味をもっています。どちらを選ぶかは、好みで決めて良いのですが、白無垢には綿帽子、色打掛には角隠しを選ぶ人が多いようです。

 
 
レンタルの場合でも下着と足袋は自分で用意
 
   

 打掛などは大変高価なうえに、挙式後は着る機会もすくないので、レンタルする人がほとんどです。その際に、下着と足袋は自分で用意します。下着では、肌じゅばんと裾よけは必ず用意しておきましょう。その他のものが必要な場合もあるので、貸衣装屋さんと打ち合わせをするときに確認を。
  足袋、ぞうりは、足に合ったものを選びましょう。両者ともサイズ選びは慎重に。ただでさえ履き慣れていない上に、挙式当日は長い間立っているのですから、サイズがピッタリあっていないと、立っているのが苦痛になってしまいます。

 
TOPHOME
 
サイトマップ
Copy(C)2001 TOKAIKIKAKU Co,.ltd. AllRights Reserved.