婚約の意味と形
婚約指輪
顔合わせ
婚約中のマナー

結納の意味
仲人を決める
結納金と結納返し
費用とご祝儀
現代的な結納

結婚式への準備
式場選び
日取り
予算と見積り
ウェディングケーキ
引出物の選び方
招待状の発注

花嫁の装い(洋)
花嫁の装い(和)
衣装選びとお色直し
花婿の装い
媒酌人・両親の装い

主なブーケの種類と選び方

きれいに見えるヘアメイク
ブライダルエステ
挙式までのお手入れ

婚約指輪の選び方
婚約指輪の種類とデザイン

挙式当日の心得
挙式の流れ(神前式)
挙式の流れ(教会式)
挙式の流れ(人前式)

披露宴の意味
披露宴での席次
披露宴の流れ

二次会会場の手配

新婚旅行のプランの立て方

新生活の準備
新居選び
婚姻届と各種届け出の準備
結婚後のお付き合い



  各地域の結婚式場のホームページをご覧いただくことができます。
東京−式場 東京−ホテル 名古屋エリア 関西エリア リゾートウェディング

       
 
     
新郎新婦と格をそろえ 主役より控えめな装いを
 
 

 媒酌人夫妻は、挙式、披露宴を通して、新郎新婦に次ぐ重要な役目を担っていますから、 新郎新婦と同格の装いをします。両親も、新郎新婦と格式をそろえて衣装を選ぶのがマナーです。
 和装・洋装のどちらにするかは好みでかまいませんが、媒酌人夫人、母親は和装を選ぶ人がほとんどです。
 主役はあくまで花嫁、花婿ですから、控えめに装うように心がけましょう。

 
 
●和装 〜男性は紋付き袴 女性は黒留め袖を〜
 
 

 和装の場合、媒酌人、父親は黒羽二重の五つ紋付きの着物と羽織に、縞の袴をつけます。羽織のひもは白で、必ず白の扇子を右手に持ちます。新郎の半襟や草履の鼻緒は白色と決 まっていますが、媒酌人や父親はグレーなどを選ぶ人が多いようです。袴の縞柄は、細目のものを選びます。 また和装の場合、媒酌人、父親の恰幅がよいと、新郎より見栄えがすることがあります。 このようなときは、洋装にしたほうがよいでしょう。
 媒酌人夫人、母親は、五つ紋付き黒留め袖に、金銀を主体にした格式の高い袋帯を着用 します。上半身は無地、裾に華やかな吉祥文様を配する黒留め袖は、既婚女性の第一礼装です。帯の左端には骨が黒塗りで金銀の扇子をはさみます。
 草履やバッグは留め袖の裾模様や帯柄と合わせ、金や銀などの重厚なものを選びましょ う。
 留め袖の裾模様は、年齢によって位置が変わり、若向きのものほど高い位置から柄が始まることに注意しましょう。。

 
 
●洋装 〜女性は、花嫁と調和のとれた 色合いのドレスに〜
 
   

 媒酌人と父親は、昼間はモーニングコート、夜はタキシードを着用します。ただし、日本では時間帯にこだわらず夜でもモーニングコ ートを着用するのが一般的になってきているようです。また、新郎がディレクターズスーツなどの略装の場合は、それにそろえます。
 ズボンやネクタイの柄はおさえめにして、 新郎を引き立てる心づかいを。ワイシャツのカラーも、よほど格式の高い式場でない限り、 レギュラーカラーで十分です。
 媒酌人夫人と母親は、昼間の式ならアフタヌーンドレス、夜ならイブニングドレスが正式です。年齢にふさわしい落ち着いた色合い、 格調の高いデザインのものを選びます。なお、白色は花嫁の色ですから、花嫁以外の人は着てはいけません。新婦がお色直しで着るカラ ードレスと色が重ならず、調和のとれた色合いになるように、事前に新婦の衣装を確認しておくことが必要です。
 媒酌人夫人と母親が洋装にする場合は、花嫁および媒酌人、父親が洋装の場合に限られます。一方、媒酌人、父親が洋装で、婦人が黒留め紬というパターンはよくあります。

 
TOPHOME
 
サイトマップ
Copy(C)2001 TOKAIKIKAKU Co,.ltd. AllRights Reserved.